1. >
  2. >
  3. >
  4. 研修旅行in 西表島 (ワイルドアニマルコース)vol.1

ブログ

2016年10月08日研修旅行in 西表島 (ワイルドアニマルコース)vol.1

一年生ワイルドアニマルコースを対象に9月12~15日の期間、西表島研修旅行を実施しました。本研修は、八重山諸島最大の島である西表島において亜熱帯特有の自然環境に触れ、生息する野生生物とその現状について学ぶことを目的としています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

西表島は島の約9割が亜熱帯の原生林で覆われており、日本のマングローブ林の約7割がこの島に存在すると言われている自然豊かな島です。

現地では、西表島の自然環境や野生生物に詳しいバナナハウスの森本氏による西表島の歴史や自然環境の魅力に関する講義や自然観察会が行われました。学生らは西表特有の野生生物の不思議やイリオモテヤマネコの興味深い生態等の話に耳を傾け、必死にメモを取っていました。また、夜間には森本氏のガイドで普段人が立ち入らない真っ暗なジャングルの中を懐中電灯を片手に探索しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日は、ハブやナナフシの仲間、イリオモテモリバッタ等の昆虫類の他、イリオモテヤマネコの比較的新しい糞が確認され、学生らは図鑑でしか見たことのない生物を目の当たりにして感動している様子でした。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

浦内地区では、森本氏をはじめとする西表島の自然を熟知した個性的なガイドらによるトレッキングツアーが開催され、険しい山道やマングローブ林内を探索しました。登山ルートは長く、急勾配の斜面や足場の悪い箇所を何度も乗り越えるなど、道のりは険しかったものの学生らは一人もリタイアすることなく熱帯特有の自然環境を楽しみながら全員が完走しました。

今回の研修旅行は台風接近の為、現地プログラムを大幅に変更し、予定よりも一日早く帰路に就くことになりましたが、滞在中は身体と五感をフルに使って自然体験をしたので学生にとって忘れられない貴重な経験となりました。

浦内川上流域におけるキャニオニングの様子は次回のブログにてご紹介します。

  • 資料請求
  • お申込み
ページトップへ