1. >
  2. >
  3. >
  4. 野生動物ゼミ
Kap Seminar System
-
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
Seminar Guidance
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School

野生動物ゼミ

海外でのジャングル実習をはじめ、豊富なフィールドワークを通じて、自然や野生動物たちについて学び、理解を深めていくゼミ。
その知識を生かし、将来は野外教育団体などで野生動物調査員や自然観察指導員等として働くことが可能です。また、自然教室のインストラクターやエコツアー等のガイドとして活躍する卒業生たちもいます。


豊富なフィールドワークで動物たちをリアルに観察・飼育できる野生動物ゼミ。オーストラリアでは大自然の中で生きる希少な動物とふれあうチャンスに溢れています。西表・屋久島では、島固有のイリオモテヤマネコの保護活動について学んだり、世界遺産に登録されている自然を維持する活動を間近で見ることができます。

※フィールドワーク実習先は年度によって変わります。


サルやシカなど増えすぎた野生動物が農林業に大きな被害を与えたり、放棄されたペットが野生化して生態系に悪影響を与えたりしています。そんな問題の解決方法を探りながら、動物と人間が共生する社会のあり方についても考え、これからの環境問題・保護活動についても考察します。


多彩なフィールドワークは、自然や動物を理解するだけでなく、エコツアーのガイドやネイチャーガイドといったプロたちの仕事を間近に学ぶうえでも絶好のチャンス。自然環境の素晴らしさを伝え、保護の大切さを広めるプロとしての基本を見て、学び、そして身につけます。

野生動物保護・管理学

人間活動の影響で住処、そして命をも失う野生動物。日本でも人里に出没する動物たちと人間との間でさまざまな問題が発生しています。そんな野生動物の生息環境の保全や保護の方法について学びます。

アウトドア実習

フィールドで安全に活動するためのファーストエイド(応急救護法)をはじめ、ロープワーク、火おこし、自然素材を利用したアウトドアクッキングなど、幅広く野営術を実践する授業です。

●動物生態学
●野生動物生理・解剖学
●植物分類学
●昆虫学
●海洋生物学
●動物調査・研究法
●博物館学
●野生動物保護・管理学
●森林管理学
●植物学実習
●インタープリテーション
●野生動物学
●プロジェクトワイルド
●木工・クラフト実習
●アウトドア実習
 など

室内講義で自然環境に関する基礎的な知識や原理を身に付けた後、フィールドに出て「見て」「触れて」「感じる」体感学習を行うことが重要です。
多様な野外実習を通して自然環境や野生生物への理解を深め、実践的なスキルを習得しましょう。

主な資格

元三重県生物多様性調査検討委員会専門委員、元三重県レッドデータブック改訂委員会専門委員、三重県生物多様性保全アドバイザー、小型船舶操縦士、アマチュア無線技士、NACS-J 自然観察指導員、潜水士

担当科目

エコ社会環境学、魚類生態学、フィールドワーク概論、潜水士、動物調査研究法、マリン実習

上野淳一先生

沿岸環境修復学を専攻。環境省に入省し、国指定鳥獣保護区藤前干潟において生物多様性に係る行政事務に従事。

●自然観察指導員
●日本赤十字社救急員
●生物分類技能検定
●プロジェクト・ワイルド・エデュケーター
●森林インストラクター
●ビオトープ管理士
●損害保険募集人資格
 など

●野生動物調査スタッフ
●環境調査スタッフ
●野生動物保護施設スタッフ
●自然観察指導員
●ネイチャーガイド
 など
ページトップへ