1. >
  2. >
  3. >
  4. 動物福祉ゼミ
Kap Seminar System
-
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
Seminar Guidance
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School

動物福祉ゼミ

動物たちと私たちが共に幸せに暮らしていくためには、どのようにすればよいのか。そんな大きなテーマを持って、授業や多彩な活動に取り組んでいます。
人を癒すアニマルセラピーのコーディネートや動物たちを癒すアニマルマッサージの技術、アロマや保護活動まで幅広く学習します。動物を守るための知識とスキル、そしてやさしさを育んでいきます。


地域の老人ホームへワンちゃんたちと
一緒に訪れる動物介在活動を実施。
動物の扱いに不慣れなお年寄りとも
仲良くしてもらうにはイヌをコントロールする
ハンドリング技術が必須。お年寄りとイヌ、
双方に負担がかからない様な
コミュニケーション方法も学習します。


ホリスティックケアとは動物が本来持っている自然治癒力により、身体や心のトラブルを内側から改善していくものです。マッサージやドッグアロマに加え、グルーミングやトレーニングなどさまざまなスキルが学べるのが特徴です。


動物愛護センターで譲渡会(里親探し)のイベントなどにボランティアとして参加するなど、動物愛護や保護の現場でイヌたちが置かれている現状を学び、そんなイヌたちのために自分ができる事を精一杯行い、動物愛護を実践していきます。

アニマルケア概論

動物たちが心地よく暮らせるよう、緊張やストレスをほぐし心身をトータルにケアする方法について学ぶ授業。手作り食やドッグアロマ、アニマルマッサージなど、今注目を集めているホリスティックケアについても専門的に学ぶことができます。
アロマを活用したイヌのための肉球クリームやマッサージオイルを作る実習なども実施しています。

動物福祉実習

小学校に出向き、「動物と楽しく暮らすために」というテーマで活動を行い、子どもたちに動物を大切にする気持ち、動物保護の精神を伝えます。
例えば、お散歩マナー、イヌとのふれあい方などを、紙芝居など楽しい手法を使って子どもたちに紹介。学生たち自身がプログラムを考え、工夫して作り上げていきます。

●動物福祉実習
●福祉学
●アニマルアクティビティ
●人と動物の関係学
●ドッグトレーニング実習
●健康管理学
●グルーミング実習
●産科繁殖学
●老齢犬のケア
●皮膚・寄生虫学
●動物関連法規学
●アナウンス演習
●公衆衛生学
●アニマルケア概論

動物たちは「心も体もしんどいよー!助けて!」とは言ってくれません。しかし、ストレスなどの表現は動物の行動や体の全てに現れます。それを見逃さない目を持てるのは私たち人間だけです。
Kapで適切な健康管理や動物の癒しテクニックを勉強して「見逃さない目」を養いましょう。

主な資格

愛玩動物飼養管理士1級、ホリスティックケアカウンセラー、テリントンタッチ プラクティショナー・イン・トレーニング、JHABS ヒューマン・アニマル・ネイチャーボンド教育マスターインストラクター

担当科目

アニマルケア概論、アニマルアクティビティ

荻野直美先生

学生時代ドルフィンセラピーに興味を持ち、その後ボランティアで動物介在活動を行っている。動物福祉ゼミでは、実習の一環で愛護活動や譲渡事業に参加。人と動物と自然との絆を子供たちに伝える活動(JHABS ヒューマン・アニマル・ネイチャーボンド教育)のマスターインストラクターでもある。

●愛玩動物飼養管理士1級
●ホリスティックケアカウンセラー
●ペットアロマセラピーアドバイザー
●ペットアロマテラピー検定1・2級
●家庭動物販売士
●グルーミングマスターライセンス
●ペット栄養管理士
●サービス接遇検定
●損害保険募集人資格
 など

●アニマルセラピスト
●犬猫保護施設スタッフ
●ペットカフェスタッフ
●ペットシッター
●ペットマッサージスタッフ
 など
ページトップへ