1. >
  2. >
  3. >
  4. ワイルドアニマルコース
Kap Seminar System
-
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
Seminar Guidance
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School

ニホンオオカミをはじめ、我が国だけでもこの100年で絶滅動物は20種を超え、世界規模でも森林伐採、砂漠化など野生動物の生息環境を脅かす人間活動は後を絶ちません。
本コースは国内外の豊富なフィールドワークを通して山で安全に活動するための方法や野生動物の調査・生息環境の保全に関する技術を習得します。また動物園が行う野生動物の保護や種の保存活動、行動展示の手法を学び、野生動物調査を行う企業への就職や人々に自然の素晴らしさを伝えるネイチャーガイド、動物園やサファリパークの飼育員を目指します。



●環境教育関連会社
●野生動物調査会社
●野生動物保護施設
●動物園

●サファリパーク
●観光牧場
●動物ふれあい施設
●水族館

●イルカふれあい施設
●アクアリウムショップ
●ペットショップ
●水産施設

実際に自然とふれあいながら調査し、野生動物や地球環境の保護・保全を学ぶためのフィールドワークを実施。また、自然の中で実施するエコツアーやワークショップの企画運営、大型動物の飼育についてなど幅広く学べるカリキュラムです。

動物園の意義や運営方法、大型動物の飼育管理方法を学習します。動物園の元園長である講師のもと、動物園へ行って実際の業務やバックヤードの見学などを実施。また、現役飼育員から動物管理のノウハウや展示方法についての工夫などについても教えてもらいます。

大型ほ乳類を中心に小動物、ハ虫類の野生下での生態、生息環境、外観的特徴から個体識別の方法を学習します。また、フィールドサイン(フンや足跡などの痕跡)からの野生動物の特定方法や食性の見分け方を実践実習を交えながら授業を展開します。

自然の素晴らしさを体感するだけでなく、記録というカタチに残すノウハウや自然のすばらしさを伝える方法(インタープリテーション)も学習。
実際にフィールドワークも行い、観察や調査も実施。記録用の写真等も撮影し、観察用レポートに仕上げる他、自分たちの活動を発表する場も設けています。

植生学 植物が生息する場所や生息不可能な気象条件、植物の分布などについての知識を深めます。植生調査を行うフィールドワークも実施し、分布図も作成します。
動物生態学 飼育下では観察しにくい冬眠や繁殖、子育てなど、季節とともに変化する動物の生態を知り、自然の中でどのような暮らしをしているかを理解します。
公衆衛生学 自然界にどれだけの病原微生物が存在しているのかを確認し、動物からヒト、ヒトから動物にうつる病気を知り、その対策、対処方法を学びます。
動物の体のしくみ 動物の骨格や内臓の位置、筋肉のつき方など、動物を構成する形態や構造を理解するための授業です。
動物飼育管理実習 Kap小動物飼育棟にいる、ハリネズミ、フクロモモンガ、鳥類などの飼育管理を行い、動物の習性を理解し、健康管理の技術を身につける授業です。

●野生動物調査スタッフ
●環境調査スタッフ
●野生動物保護施設スタッフ

●自然観察指導員
●ネイチャーガイド
 など

●動物園飼育スタッフ
●サファリパークスタッフ
●観光牧場スタッフ

●アニマルトレーナー
●ペットショップスタッフ
 など

●水族館スタッフ
●ドルフィントレーナー
●海洋動物飼育士

●アクアリウム技術者
●ホエールウオッチングガイド
 など

●ペットショップスタッフ
●ペットケアアドバイザー
●ペットカフェスタッフ

●ペットシッター
●アクアリウム技術者
 など

ページトップへ