1. >
  2. >
  3. 保護者の皆様へ
Kap Seminar System
-
入学について
-
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
トリミングサロン起業コース
ペットシッター起業コース
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School

保護者の皆様へ

未来へ続く最初の扉を開く時期

社会に出て本当に自分を活かせる道を、自分自身がとことん追求していきたい世界を見つけること。
そうしたことを進路選択の基準におくことが大切です。
親子で「自分がしたい仕事はどういうことなのか?」ということを話合う機会を持っていただきたいのです。
子どもたちにとって、高校3年生というのは、自分自身の未来をじっくり見つめ、
進むべき道を選択するという人生の大きな節目の時です。未知なる新しい世界の扉を開けるために、彼らが迷い、悩むのは当然のこと。
彼らが語る夢は、まだまだ幼い憧れのように聞こえるかもしれません。
揺れ動く心を支え、適切な助言を行うことは、親の立場であったとしても簡単なことではないかもしれません。
でも、子供たち一人一人の未来の可能性は無限大に広がっています。自分自身が好きだ、興味があると思っている分野であれば、
専門的に学ぶことで大きな飛躍をとげることもめずらしくはないのですから。
人生の転機であるからこそ、子供たちとしっかり向かい合い、彼らの言葉に耳を傾けながら、
安心して一歩を踏み出せる状況を作ってあげたいものです。


進路選択を親と子の話し合いのテーマに

技術革新、国際化、価値観の多様化など、社会の構造がますます複雑になっていく現代。先行き不透明な時代の中で、将来の進路を見定めるのは難しいことでしょう。進路の決定時期のぎりぎりになって「さあどうする」ということになっても、親の方も、子どもの方もなかなか自分の考え方を伝えつつ、相手の意見に耳を傾けるということは難しくなります。
いざという時がくるまえの段階から、それとなく子どもの考えや夢を聞いてみたり、それによってどのようなアドバイスをしていけばいいのかを考えてみたりという時間を持つように心がけておくこと、日々の流れの中で、少しずつそんな時間を作っていく努力をしていくべきでしょう。親子で様々な角度から進路を考えつつ、子どもたちが自分自身で輝く努力をしたいと思う道を見つけることが、何より理想的な形といえるでしょう。


専門学校という選択

専門学校は、それぞれの専門の知識・技術を、社会に出たときに即戦力として発揮できるスペシャリストの育成を目的にスタートした教育機関です。不景気が続く中でも高い就職率を誇り、進学先としての人気も上昇しています。中には、大学に通いながら専門学校にも通うダブルスクールという形態をとる学生や、大学卒業後に実践的な知識や技術を修得するために入学しなおすという学生も少なくありません。
長引く不景気の中、企業が研修や社員教育にコストをかけるよりも、あらかじめ基礎的な知識と技術を身につけた人材を採用したがるのは、理解できることです。専門学校では、ある程度の業界や職業を意識しながら、凝縮された、より実践的な教育を行い短期間で社会に通用する基礎能力を養えるようカリキュラムが組まれています。少人数制のきめ細やかな集中型学習を実践し、整った設備を利用した実践的なカリキュラムが豊富で、短期間で高度な技術と知識を身につけることができます。また、インターンシップなどで、社会との太いパイプを持っていることも、就職に有利にはたらいています。就職に有効な資格の取得に力を入れているのも、専門学校の特色であり魅力でしょう。


専門学校卒業生に与えられる「専門士」の称号

専門学校が、経済界などから、専門技術を学ぶ教育機関としてしっかり認知されたことを背景に、専門学校での学習成果に適切な評価を行うために、専門学校卒業者には「専門士」という称号が与えられるようになりました。「神戸動植物環境専門学校」は、兵庫県で初めて認可された動物・環境に関する専門学校として、すべての卒業生が「専門士資格」を取得できます。

専門学校選びの7つのポイント

point

point

point

point

point

point

point
ページトップへ