1. >
  2. >
  3. >
  4. 浮遊生活 第5海目 クラゲサークル

ブログ

2017年05月25日浮遊生活 第5海目 クラゲサークル

初めまして!
第5海目を担当します!クラゲサークルの迷子的な存在(←)『千』と申します!
水族館ゼミの二年生で、出現率が低い人(ほぼ実習や就活で居ないんです…)がいたらそれ私なんで!!宜しくお願い致します!!!

ではでは〜…!
今回ご紹介するクラゲちゃんは…、なんとッ!

ウリクラゲ

と!!!!

ミズクラゲのポリプ

です!!


まずはウリクラゲから!
クラゲサークルではウリクラゲを現在飼育しておりません。

が、今後飼育にチャレンジしたい個体でもあるので、少しでも魅力を伝えられたらなと思い、今回この種類を選んじゃいました!

どんなクラゲ??って思う人も居ると思うで写真を用意しました!

【 ウ リ ク ラ ゲ 】
有櫛動物門 無触手綱 ウリクラゲ目
ウリクラゲ Beroe cucumis Fabricius

クラゲ⑤-1

表面に光を帯びて、ふらふら〜っと動かしている所は《櫛版》と呼ばれるミクロ単位のちっこい毛でありそれを動かして泳いでいます!《櫛版》は光の反射により七色の光に光ることが可能なのです!…ロマンチックですね!
しかし見た目とは裏腹!!!!
ウリクラゲのお食事はとても豪快であり、例え同種でも丸呑みで飲み込んでしまう食いしん坊なんです!!飼育の際は注意をしなくてはなりません!

紹介したからには動画や写真を使ってその様子も今後撮れたらまたブログでもアップして行きたいと思います!


次はミズクラゲのポリプです!
ミズクラゲの解説は『第1海目』をご参照に! まずは下の写真をご覧下さい!

 

クラゲ⑤-2


この岩に引っ付いてる卵のような状態をポリプと言います!よく見ると触手が伸びて、イソギンチャクのような姿をしているんですよ!

まずクラゲはどのように生まれるのかを下の図を参照にご説明していきます…

クラゲ⑤-3

①クラゲのお父ちゃんとお母ちゃんが結婚!
②受精卵は水中で浮遊する卵のようなものに!(この状態を《プラヌラ》と言います)
③プラヌラは自ら何かに引っ付くと触手を伸ばして成長をしていきます!(この状態が《ポリプ》と言います)
④成長・分裂を続け、とある条件下になるとタワーのように分裂が始まる。(この状態を《ストロビラ》と言います)
⑤タワーからフライアウェイ!ピョコピョコ小さく拍動しててかわいいかわいいクラゲの赤ちゃん誕生だ!(この状態を《エフィラ》と言います)
⑥あとは成長するのみ!!
で、あ〜るゥ!笑

難しいですね〜〜〜!
少しでも興味が湧いて頂けたのなら自ら調べてみるとバッチグー!興味があれば、ぜひクラゲの世界に浸りましょう(笑)

長々とした内容ではありましたが、今回は少し追求した内容で書かせていただきました。こちらを拝読した読者様が少しでもクラゲに興味を持って頂けたらなと思います!
以上!ウリクラゲ大好き『千』からでした!(o^^o)

次回もお楽しみに!

  • 資料請求
  • お申込み
ページトップへ
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School