1. >
  2. >
  3. >
  4. 丸山湿原へ ~両生類の調査ボランティア~ 

ブログ

2021年03月01日丸山湿原へ ~両生類の調査ボランティア~ 

こんにちは!

 

少しずつ春の訪れを感じる季節となってきましたね♪

 

そんな季節には、両生類の卵を探してみよう!!!

 

という事で、行ってきました!

 

両生類についてのリモートセミナー と 調査研究ボランティア。

 

セミナーはリモートで、受講させていただきました。

 

調査研究ボランティアは「丸山湿原保全の会」の方にご指導いただき、

 

一般で観光に来た場合は入ることのできない、丸山湿原の調査エリアに入り、

 

kapの学生達もお手伝いをさせていただきました。

 

なんと!

 

本校についてもブログでご紹介していただきました♪

 

ありがとうございます♡

 

調査やセミナーの内容は以下のリンクからご覧ください↓↓↓

 

 
 
さて、みなさんは下の写真を見て、どこにサンショウウオとアカガエルの卵があるか、
 
分かりますか?
 
 
 
IMG_1576[1]
 
 
 
 
 
 
IMG_1565[1]
 
 
 
 
正解は。。。
 
 
下の写真、太い水色で囲っている部分が、
 
セトウチサンショウウオの卵です!
 
会場ではバナナと表現されていましたが、
 
私は芋虫みたいな形やなって思いましたw
 
触った感じはビニールみたいな感触で、思っていたよりは固かったです。
 
これは半対なのですが、基本はもう半対あって、
 
芋虫(バナナ?)が2本あるような状態で、1対になっています。
 
 
 
 
 
IMG_1577[1]
 
 
 
 
 
続いてアカガエルの卵!
 
細い水色で囲んでいる部分です。
 
黒い小さな点々が有りますが、それが成長すると
 
オタマジャクシになります!
 
カエルの卵はタピオカみたい~
 
柔らかくてさわり心地も気持ち良い~
 
でも触るときはそーっと優しく、一人一回で終わらせました!
 
 
IMG_E1567[1]
 
 
 
 
必死になって探し続ける事2時間。。。
 
 
IMG_E1584[1]
 
 
 
 
 
 
IMG_1586[1]
 
 
 
 
IMG_1574[1]
 
 
 
IMG_1579[1]
 
少しずつ、見つけられるようになってきました!
 
最後はアカハライモリも見つけて、お子ちゃまたちとはしゃいでおりました♪
 
学生達もみんな童心に戻っていて、かわいかったです♡
 
 
048B3F2F-1245-4E36-AD98-2711B79A310E
 
IMG_E1585[1]
 
 
調査結果は用紙へ記入し、最後に全員で発表して共有します。
 
 
IMG_E1582[1]
 
調査結果は先程のリンクからご覧くださいね☆
 
 
最後に参加しました学生の感想です。
 
 

~2年生~

今回のセミナーで、サンショウウオを含めた川や森林、湿地の生態系を保全し、その活動を啓発して、広めていかなければならないと感じた。

 

サンショウウオについて最新の情報を知ることが出来、今回のセミナー、調査共に非常に有意義な時間となりました。

今後の活動に活かしていけるよう、努めていきたいと思います。

 

地元の方々による環境保全の取り組みを体験するのに最適の場でした。

自分も今後こういった活動に参加する際は、集団や組織に所属し、活動内容を波及することの重要性を重んじて行きたいと思いました。

 

 ~1年生~

 今回田口先生の講座で、サンショウウオの環境問題が疑念されており、人工物によって痩せ型の個体が居るなどの問題を、引き起こしているということが分かりました。

 これから私たちが何が出来るのかは分かりませんが、より多くの生物を守るために今後頑張って、環境問題などに目を向けていきたいです。

 

今回丸山湿原の調査に参加して、サンショウウオの生態や種類、住んでいる環境について、多くのことを学ぶことが出来ました。

また、たくさんの人と一緒にサンショウウオを探すことが出来、とても楽しかったです。

 

今回のセミナーでは、サンショウウオを初めとする両生類保全の重要性や、生態系の頂点に立つサンショウウオ保全を取り巻く現状についてなど、

生態系保全を考える上でとても勉強になりました。

午後の観察会も、環境調査の貴重な経験になりました。

今後もこのような機会があれば、積極的に参加していきたいと思います。

 

みんなの感想を見て、

 

まずは参加して現状を知ること、

 

そしてその活動を伝承していくことが、

 

環境保全を行っていくうえで大切なのだと感じました。

 

「丸山湿原保全の会」の方の声で、印象に残っているのは

 

「今年は両生類の卵が少ない」という声でした。

 

原因は雨量が少ない、

 

寒暖差が激しい。。。など色々と考えられますが、

 

学生が保全活動に参加できる機会を、

 

本校で積極的に増やしたいと思います!!

 

環境調査や保全活動に興味の有る人、

 

とにかく野外活動をすることが好きって人、

 

本校のオープンカレッジに参加して、

 

ワイルドチームの先生たちとお話しましょう!!!

 

 

お申し込みはコチラから↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
  • 資料請求
  • お申込み
ページトップへ
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School