1. >
  2. >
  3. >
  4. 海外研修旅行in台湾(動物園ゼミ、野生生物ゼミ)

ブログ

2016年09月12日海外研修旅行in台湾(動物園ゼミ、野生生物ゼミ)

動物園ゼミ、野生生物ゼミでは、8月26~30日の期間、台湾研修旅行を実施しました。本研修は、台湾の動物園および水族飼育施設において動植物の展示方法、飼育、管理技術、生態等について学ぶと共に、熱帯~亜熱帯の自然環境に触れることを目的として実施されました。

 

今回は台湾南部に位置する高雄地区と台湾最大の都市である台北市内を中心に、動物関連施設を見学しました。

高雄地区では、南台湾最大の公立動物園である寿山動物園にて飼育動物にふれあい、現地ガイドに園地を案内していただきました。この施設は周囲を山に囲まれた地形を生かし、種類によってゾーン分けされた展示が特徴的でした。動物園の近くに位置する小規模な水族館、海洋奇珍園では、熱帯域に生息するチョウチョウウオの仲間やハゼ科魚類等のトロピカルな魚類が飼育されており、学生らは食い入るように水槽を観察していました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

新竹地区に移動し、ホテルに滞在しながら部屋から動物を眺めることができる六福ホテルを訪ねました。客室の目の前に様々な動物が生息するエリアが設けられており、間近で動物たちを観察することができ迫力満点でした。

淡水地区では、台湾最大級のマングローブ原生林が広がる紅樹林自然保護区を訪ねました。ここでは現地のレンジャーからマングローブ域で観察されるヒルギ科植物やシオマネキ、ムツゴロウをはじめとする底生生物の紹介があり、その役割と重要性についてのレクチャーがありました。

 

寿山動物園2

 

マングローブ

アジア最大規模の都市型動物園である台北動物園では、広い園地の一部のエリアについて飼育員による解説を交えながら見学しました。園内は広すぎて時間内に全てを見て回ることができませんでしたが、タイワンザルやタイワンツキノワグマ等、台湾でも絶滅の恐れのある貴重な種に出会うことができ、学生も大満足の様子でした。

 

寿山動物園

 

動物関連施設の他にも、高雄地区の夜市や九分地区の風景を見て回り、台湾の文化や歴史についても学びました。

今回の台湾研修旅行は学生にとって素晴らしい経験となり思い出に残る学校行事となりました。

  • 資料請求
  • お申込み
ページトップへ
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School