1. >
  2. >
  3. >
  4. 浮遊生活 2海目 クラゲサークル

ブログ

2017年04月07日浮遊生活 2海目 クラゲサークル

皆さんこんにちはー

クラゲサークルブログ第2回目の担当をします水族館ゼミ、クラゲサークルの縁の下の力持ち!

ちょっと頼れるお姉さんアオミノです!

 

春は新しい出会いの季節!サークルメンバーも新入生を迎え入れる準備を始めています!

その前にこの時期にでてくるクラゲを海で発見!!!

採取して迎え入れた2種類の新入りクラゲを紹介します。

 

まずは前回のブログの最後に写っていたクラゲ。

カミクラゲ

こちらのクラゲ、名前をカミクラゲといいます。

触手が髪の毛のようなのでカミ(髪)クラゲと名付けられました。

毒性は弱く、触手が伸びた姿はとても綺麗です。

触手に毒をもつクラゲが多いので海ではむやみやたらに触らないでくださいね((+_+))

 

お次はドフラインクラゲを紹介します。

と言っても「ドフラインクラゲ…?って何…?」となると思います。百聞は一見にしかず、という事で…

ドフラインクラゲ

こんな感じのクラゲです。

ドフラインクラゲは春先に北海道から九州まで全国的にみられます。

このドフラインという特徴的な名前は、カミクラゲのように容姿からついたのではなく、ドイツの動物学者 フランツ・ドフライン博士が発見し自分の名前をつけたそうです、、、(笑)

動物の名前の付け方は特徴的ですね!

 

 

さて、大半の人が「両方一緒に見える…」と思っているでしょう。

実は私もその一人です。

では両者を比べてみましょう。

クラゲ040701

左:カミクラゲ 右:ドフラインクラゲ

 

よーく見ると傘の真ん中あたりが少し違います。ドフラインクラゲのほうが若干すっきりした作りになっています。

似たようなクラゲもよく比べてみるとどこかしら違いがあるはずです。こういった違いを比べるのも楽しみかたの1つかもしれませんね。

 

第2回のブログはこれでおしまいです!次回もサークルや生体についてどんどん紹介していきます!

お楽しみに!

  • 資料請求
  • お申込み
ページトップへ
Kapの学び
ドッグスペシャルコース
スモールアニマルコース
アクアスペシャリストコース
ワイルドアニマルコース
-
オープンカレッジ・学校見学会
カッピィを探せ!
入学について
交通アクセス
企業の皆さまへ
BLOG
学費.jp
HighTech School